クレンジングと普通の洗顔の比較 - エイジングケアの切り口でクレンジングして老化予防を

クレンジングと普通の洗顔の比較

subpage01

顔を洗うことと言う共通点はあるものの、クレンジングと普通の洗顔の間には比較してみると様々な違いがあります。まずはその役割です。

クレンジングの比較の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

クレンジングの役割は、何と言ってもメイクを落とすことです。

ただしこれだけでなく油性の汚れにも対応できるため、メイク汚れなどが毛穴に詰まり酸化して古い皮膚と混じり合うことなどで角栓になってしまった汚れを落とすこともできます。


一方で普通の洗顔は、比較すると水性の汚れに対応する役割を持っています。

たとえば顔に付いた埃、汗、皮脂などがこれに該当します。
つまり両者の間では得意とする汚れの種類が異なっています。
クレンジングの後には普通の洗顔をするのが基本ですが、メイクを落とした後にわざわざ普通の洗顔をするのは面倒だと言う人も多いかもしれません。


ですが落とすことができる汚れの性質が、比較してみるとこれほど違うわけですから、やはり肌のことを思うのであれば両方を行うのが鉄則だと言えます。

また得意とする汚れが異なると言う理由のため、クレンジング剤と普通の洗顔剤では肌への負担も異なります。

前者は油性汚れに強いと言う性質上、やはり肌に負担がかかりやすい傾向にあります。
それと比較してみると、普通の洗顔剤は肌に負担がかかりにくいです。



洗顔は必要なものとは言え、肌に負担がかかる行為です。



ですからその負担を軽減するためには、クレンジングでかかる肌負担をいかに軽減するかがひとつのポイントとなってきます。
また最近ではふたつの機能がひとつになって製品も登場しているので、それを使用するのも肌負担軽減のひとつの方法です。